顔の輪郭×毛量×形で悪印象にならない髭を目指そう!

The following two tabs change content below.
友寄佳人
沖縄生まれ沖縄育ち。戸籍変更済みFtMです。当メディア運営責任者。LGBTイベントを企画・運営。東京都墨田区でLGBTBAR多楽福-たらふく-を経営

先日紹介した、パス度を上げたきゃ付け髭をつけろという話。

 

 

髭はどうしてもパス度を向上させたくば避けては通れない道だと思っています。

 

それなら自分に合う髭ってどれ?という話になるわけです。ということで今回は、あなたの輪郭に合わせた付け髭選びをお手伝いしたいと思います。

 

ナイスなタイミングで僕の証明写真と、自分の顔に髭がつけられるアプリを見つけたので試してみます。

 

ちなみに原画がこちら

 

では、いってみよー!!!

 

面長 / 縦長

 

おでこと顎が広い顔立ちには顎を短めに、ほほ・もみあげを長くすることでバランスが取れた力強い印象になります。

 

丸顔

頬骨に沿って髭を斜めに揃えると顔を細く見せるスタイルになり、顔がシャープに見えます。下顎に視線がいくようにしましょう。あご髭を長めに残すのもGOOD✨

 

たまご型

どんなスタイルの髭でも似合う最強の輪郭です。自分の好きなスタイルでOK!他とは違う一風変わったスタイルでも似合いそうです。

 

四角型

両サイドは短めに顎はたっぷり伸ばすと角ばった下あごの輪郭を生かしたスタイルになり、柔らかい印象を作ることができます。

 

ダイアモンド型

あごヒゲや口ひげを生やすスタイルはどんなものでも似合ってしまうので、おすすめです。

 

逆三角形型

あごヒゲは伸ばさず、口ひげともみあげのヒゲを伸ばすスタイルが似合います。

 

三角型

あごヒゲを伸ばすことで二等辺三角形の輪郭を引き立ててくれます。

 

初めは好きなように

結局のところ、髭が生えてきた嬉しさに形うんぬんではなく、自分の好きなように伸ばし始めるんですよね。頬の部分は好きじゃないからとか、下顎の髭はいらないとか。

 

なので初めは自分の好きなようにし、周りからのアドバイスももらいながら、試行錯誤して行くと良いでしょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です