The following two tabs change content below.
友寄佳人
沖縄生まれ沖縄育ち。戸籍変更済みFtMです。当メディア運営責任者。LGBTイベントを企画・運営。東京都墨田区でLGBTBAR多楽福-たらふく-を経営

 

本来ホルモン注射というのは、クリニックに通院し2週間に1度もしくは1ヶ月に1度打ってもらうのが通常です。

 

そういう場合によく使われている方法が、自己注射つまり自宅にて自分でホルモン注射を打つ方法です。

 

在宅自己注射におけるトラブル

在宅自己注射における出て来る問題点としては

・注射部位からの出血
・注射針接続失敗による注射液ロス
・アンプルの破損

が見られます。

 

重篤な合併症や健康被害は特に報告されていません。

 

在宅自己注射ができる病院

今の所わかっているのは愛知県名古屋市にある宮川クリニックです。

 

治療院が近くにない方、色々な事情によりホルモン治療院に定期的に通えない方などを対象にオンラインでホルモン注射器ごと販売しています。

 

在宅自己注射の注意点としては、

・痛くない注射法のマスター
・使用済み注射器はクリニックに返送

ということをお気をつけください。