The following two tabs change content below.
友寄佳人
沖縄生まれ沖縄育ち。戸籍変更済みFtMです。当メディア運営責任者。LGBTイベント「虹いろいちゃりばちょ〜で〜」を企画・運営。沖縄居酒屋や〜にんじゅを経営。

 

2018年04月から千葉県柏市に新たに開設されるしりつ柏の葉中学校。

 

今LGBT界で最も注目を浴びている中学校と言えるでしょう。

 

それもそのはず。性別に関係なく誰でも自由に選べつ制服を導入することを決定しました。その名も「ジェンダーレス制服」

 

ブレザータイプを採用したうえで、性別に関係なく「選べる制服」となっています。

 

選べるのは、襟元の「ネクタイかリボン」と、「スラックスかスカート」で、写真のとおり、合わせて4種類の着こなしが可能となっています。

 

ブレザーやスラックスは、男子の体型と女子の体型にあわせた2つのタイプを用意していますが、こちらも選択は自由です。

 

ジェンダーレス制服を採用したのは保護者や児童

“ジェンダーレス制服”の導入を決めたのは、入学予定の児童や保護者もメンバーに加わった検討委員会です。

 

近年、「私服にすれば問題は起きない」と制服そのものを廃止する学校も出ていますが、市の教育委員会の事前のアンケートでは、「制服は必要」と回答する保護者が9割近くに達しました。

 

制服と私服のメリット・デメリット

制服のメリット

・普段着との気持ちのオンオフを切り替えられる
・仲間との一体感
・学校の象徴
・服装のマナーを学べる
・式典や冠婚葬祭に着用できる
・地域社会から学校の生徒と認識され安全性が確保される

制服のデメリット

・全員同じなので個性が出せない
・入学時の制服購入に当たる支出が多い

私服のメリット

・TPOに応じた服の着こなしが身につく
・一度にかかる多額の支出が抑えられる
・LGBTなど事情に応じた服を着ることができる

これらを受けて、検討委員会では、どのような制服が望ましいか話し合いを重ね、その結果、「LGBTの人たちに限らず、誰でも自由に選べる制服がいい」という保護者らの発案で、今回の決定に至ったということです。

 

LGBT当事者の筆者個人的意見

今回は制服の改革についてLGBTがさらに生きやすくなったことを表しているのがよくわかります。

 

ですが、当事者にとってはまだ制服に関して拭えない問題が一つ。

 

家族や周りにカミングアウトしていない生徒への配慮。カミングアウトをしていない生徒にとって、この制服を選ぶという生後はカミングアウトのタイミングのチャンスと捉えられます。

 

ですが、まだカミングアウトができないと思っている生徒に対しては、制服を選択するという余地さえ精神的苦痛になるのではないかと感じています。

 

イギリス東南部のイーストサセックス州にある、日本の中学校に当たる学校では「ジェンダーニュートラル(性に対して中立)」という制度があり、男女ともに同じ制服を着ています。

参照:学校のHP

 

「制服は全ての生徒に対して平等であるべきで、多くの人が賛同しています。」とトニー・スミス校長は語っていました。

 

筆者個人的な意見としてもう少し視野を広げて、この「ジェンダーニュートラル」を採用していただけたらなと思います。