クリニックに何日、何回くらい通えば診断書をもらえますか?

The following two tabs change content below.
友寄佳人
沖縄生まれ沖縄育ち。戸籍変更済みFtMです。当メディア運営責任者。LGBTイベントを企画・運営。東京都墨田区でLGBTBAR多楽福-たらふく-を経営

 

Twitterから寄せられた質問です。

 

このことに関しては、僕はクリニックの先生ではないので何とも言えませんが。

 

クリニックの先生はあなたが本当に「性同一性障害」なのかを診断します。ですが風邪のように身体的なものではなく「性同一性障害」は精神的なものなので、診断がとても難しいと思われます。

 

先生も誤診しないように、用心深く診断を下します。その診断にどのくらいかかるかは、はっきりしていません。

 

患者様に少しでも「この人は性同一性障害でないのではないか」と疑い始めれば、より慎重にカウンセリングや治療を始めることとなるでしょう。

 

病院や先生によって、カウンセリング期間も治療を始めるタイミイングもやはり異なってきます。

 

 

僕は東京にあるクリニックにて1回の診察で診断書を取得しました。このクリニックの先生曰く、他のクリニックの先生のように診断を先延ばしにせずに早く治療を進められるようにと。

 

初診からカウンセリング、セカンドオピニオン、診断書までだいたい2年近くかかるという話が出ています。

 

僕の場合は、2年も待てなかったので長く通うことなく1回で診断書を取得できるクリニックを紹介していただきました。

 

とは言え、1回で診断書を取得するという行為にはリスクがあります。それは、自分と向き合う間もなく治療を進めてしまうということです。

 

クリニックでは2年をかけて、本当に自分は性同一性障害なのかという課題に取り組みます。ですが、1回で診断書を取得するとその課題をクリアすることなく1歩前に進んでしまいます。

 

正直にいうと、もし1回で診断書を取得して治療を始めて性別を変えた後に、「やっぱり自分は性同一性障害ではなかった」となると後戻りができません。

 

FTMであれば子供を授かりたい、MTFであれば子供のタネが欲しいと思っても、もうどうにもできません。

 

 

それをよく考えて行動してください。

 

一応、僕の経験(1回で診断書を取る方法)を掲載しています。が、それは有料になります。お金を出すことを惜しむことで本当に早期に治療を進めるべきなのか考えてみてください。

「性同一性障害」の診断書を1日で取得して早く治療を始めるには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です