LGBTであることを周りにどうやって理解してもらえますか?

The following two tabs change content below.
友寄佳人
沖縄生まれ沖縄育ち。戸籍変更済みFtMです。当メディア運営責任者。LGBTイベントを企画・運営。東京都墨田区でLGBTBAR多楽福-たらふく-を経営

 

Twitterから寄せられた質問です。

 

LGBTについては以前よりだいぶ認知されるようになりましたが、「まさか自分の近くに当事者がいたなんて・・・」ということでカミングアウトをしても受け入れたくない、受け入れられない、理解ができないという方は少なくありません。

 

実際に僕の母も初めは拒絶反応を示しましたが、のちに理解してもらえるようになり今では応援してくれています。

 

 

僕が言えることは100人中100人に理解してもらおうなんて思わないことですね。人にはそれぞれ考え方や価値観がありますから、十人十色というわけで。

 

自分の信頼している人だったり、理解して欲しい人に拒絶されるととても苦しくなります。ですが、あなたがLGBTという理由から相手に何のデメリットがあるのでしょうか?

 

LGBT当事者だからあなたを嫌いになるという人ならば、それまでの関係だったのだと思います。あなたのことをLGBT関係なく「一人のあなたとして」見てくれている人があなたが大切にすべき人なのではないでしょうか。

 

前述でも述べたように僕は母に理解してもらえず苦しんだ時期もありました。でも時間が解決してくれることもあります。

 

理解してもらおうと努力することも大切ですが、理解しようとしている人にもその人のペースがあります。それを待ってあげることも大切なことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です