2018年10月から同性カップルにも里親認定か

The following two tabs change content below.
友寄佳人
沖縄生まれ沖縄育ち。戸籍変更済みFtMです。当メディア運営責任者。LGBTイベントを企画・運営。東京都墨田区でLGBTBAR多楽福-たらふく-を経営

 

同性カップルで子どもが欲しいという方へ嬉しいお知らせとなります。同性カップルでも里親制度が利用できるようになります。

 

東京都は2018年05月18日、児童虐待や貧困などで親元で暮らすことができない18歳未満の子どもを育てる里親の認定基準を見直し、10月から実施すると発表。

 

これまでは夫婦や事実婚のカップルか、成人の親族の「補助者」がいる単身者に限っていた要件を、1人親としての子育て経験があるなど、里親として養育が可能と判断されれば同居親族がいない単身者も里親になれる。親族以外の同居人を補助者と認めることで、同居の同性カップルも里親になることが可能になる。

参照:産経ニュース

 

里親って?

色々な事情により、家庭でも養育が困難または受けられなかった18歳までの子供達を温かい愛情正しい知識を持った家庭環境の中で「実の親代わり」に養育する制度のこと。

 

里子の色々な事情とは?

・保護者の病気や離婚

・虐待

・貧困

など上記3つの理由が様々な事情の代表的な里子理由です。

 

里親になるための条件

「よし、里親になる!」と言えば、誰でもなれるわけではありません。都道府県によって年齢制限を25歳以上と設けているところもありますが、無いところは年齢制限は特にありません。

 

里親になる人に求められることは5つあり、

  1. 心身共に健全である
  2. 児童の養育への理解・熱意や子どもに対する豊かな愛情がある
  3. 経済的に問題がない
  4. 子どもの養育に関して虐待問題がない
  5. 「児童福祉法」及び「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」
     の規定により罰金以上の刑に処せられたことがないこと。

などが挙げられます。

 

 

そして、里親になるための条件は

  1. 養育里親研修を終了している
  2. 里子になる子どもと、同居する人すべてが欠格事由に該当していない
  3. 経済的に貧しくない

です。

 

里親になるための過程

1.里親の相談

里親制度について、お近くの児童相談所に問い合わせる。十分に理解できたら家族全員の同意の上申し込む。

 

2.調査・研修

児童相談所の担当職員が家庭訪問をし、調査を行う。その間、里親制度等に関する研修を受講する。

 

3.審査・登録

児童福祉審議会等での審議を経て里親として認定されると、里親名簿に登録される。

 

4.更新

養育里親・養子縁組里親は5年、専門里親は2年ごとに更新研修を受講する

 

 

など、里親になるためには期間と審査が必要です。時間を要しますが、挫けず頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です