最低限知っておきたいセクシュアルマイノリティー用語集

 

当ブログでは「LGBT」はもちろん、その他セクシャルマイノリティ関連の用語を当たり前のように使用していますがまだまだ聞きなれないなという方もたくさんいらっしゃると思います。

そんな方々に向けて今回はセクシャルマイノリティ関連の用語をご紹介して行きます。

あ行

アウティング

LGBT当事者に対して本人の了解を得ずに、公にしていない性的指向や性同一性等の秘密を暴露する行動のこと

Aセクシュアル

アセクシャルとは無性愛のことで『他者に対して恒常的に恋愛感情や性的欲求を抱かない』こと

アライ

アライとは、LGBTの良き理解者・支援者のこと

異性愛者

異性に対して恋愛感情を寄せ、性的な欲求を感じる性的指向をもつ人のこと

インターセックス

「体の性に関する様々な機能・形・発達が、一般的に『男』『女』とされる典型的な状態と一致しない部分がある」ということ

SRS

Sex Reassignment Surgery” (SRS) の訳語。性別適合手術と同義。

Xジェンダー

Xジェンダー(X-gender)とは、出生時に割り当てられた女性・男性の性別のいずれでもないという性別の立場をとる人々を指す。 両方を区分する限りでは、中性、無性、両性、性別という枠組みから脱する、女性か男性か定まりきらない流動的であるというあり方など人により様々

FtX

女性の体に生まれ、性同一性がXジェンダーである人を「FtX」、男性の体に生まれ、性同一性がXジェンダーである人を「MtX」、男性の体・女性の体に非典型的なインターセックスの体(性分化疾患)を持ち、性同一性がXジェンダーである人は、自身を「XtX」と呼ぶことがごく稀にある。

FtM

〖female to male〗
自分の性を女性から男性へ移行したい人。また、移行した人。

MtX

〖male to female〗
自分の性を男性から女性へ移行したい人。また、移行した人。

LGBTIQ

Lesbian(レズビアン)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシュアル)、Transgender(トランスジェンダー)、Intersex(インターセックス)、Questioning(クエスチョニング)の略称。

LGBTs

LGBT、LGBTIQと同意義。

LGBT指標(PRIDE指標)

企業のLGBTなどの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標。

オープンリー

自分のセクシュアリティを公けにして暮らすこと。
「オープンリーゲイ」などの使われ方をする。

オカマ

ナヨナヨしている男性や、女性っぽい仕草をしたり、女装をする男性に対して使われる。
馬鹿にするために、あるいは気持ち悪がるために使われる場合が多いので、不快に感じる人が多い。
ゲイ当事者が自称することもあるが、他の人がいうなら「ゲイ」が無難。

オナベ

女性が男装して接客する職業の名前。
勤務してなくてもアイデンティティとして自称する場合もある。
(性同一性障がいやトランスジェンダーが多いが必ずそうだとは限らない。手術している人もいれば、していない人もいる)

オネエ

誇張された女性語を「オネエ言葉」といい、オネエ言葉を使うゲイをオネエと呼ぶ。
日本ではこの言葉に「ゲイ」や「トランスジェンダー」や「女装家」が混同され使用されている。

か行

カミングアウト

自分のセクシュアリティを隠している場合、誰かに打ち明けること。
「Come out of the closet」が元で、押し入れから出てくるの意味。

クィア

元は英語で差別的に使われる「風変わりな」「奇妙な」の意。
最近は当事者がポジティブに自称する言葉として使われている。
LGBTのことをまとめてクイアと呼ぶこともある。

クエスチョニング

特定の枠に属さない・分からない・迷っている・典型的な男性/女性ではないと感じる人。

クローゼット

自身の性的指向や性自認を公表していない状態にある人。

ゲイ

男性同性愛者。
男性として男性を好きになる人。

ゲイダー

ゲイとレーダーのかばん語であり、ある人の性的指向がゲイであるかバイセクシャルであるかノンケであるかなどを直感的に評価する能力のことであるとされている。

さ行

シスジェンダー

生まれた時に診断された身体の性別と自分の性自認が一致し、それに従って生きる人のことを指す。

シスヘテロ

身体の性別と性自認が一致し、異性を好きになる人。
「シスヘテ」と略されることも。

GID

Gender Identity Disorderの略。性同一性障害。

純女(じゅんめ)

生まれながらの戸籍上が女性の人のこと。
生まれ持った身体的性別と性自認が一致している女性を指す言葉。
シスジェンダーの女性。

女装家

異性装をする男性。
必ずしもトランスジェンダーや性同一性障がいであるとは限らない。

純男(すみお)

生まれながらの戸籍上が男性の人のこと。
生まれ持った身体的性別と性自認が一致している男性を指す言葉。
シスジェンダーの男性。

ストレート

生物学的性と性自認が一致している異性愛者。

性自認

自分の心がどんな性別かという自覚。
よくわからないと感じたり、大人になってから、変わったり、揺らいだりすることもある。

性的嗜好

自分がどんな性別の人を好きになるか。
よくわからないと感じたり、大人になってから、変わったり、揺らいだりすることもある。
好きにならない人もいる。

性同一性障害

医学的な診断名で、身体的な性別に不快感、違和感などをもち、身体を変え、反対の性で生きることを強く望む。
性同一性障がいの診断を受けた人は、本人の希望があれば治療を受けることができる。
なお特定の要件を満たす人は、戸籍の性別を変更することが可能。2013年に診断名が「性別違和 (GD:Gender Dysphoria)」に変更された。

性分化疾患

外性器・内性器・内分泌系・性染色体など身体的な特徴が、男女に判別しづらい人の状態。
医療的対応が必要な場合もある。
当事者が知らない・知らされていない場合も少なくない。
「インターセックス(半陰陽)」「性発達障害」「性分化障害」とも言われてきたが、2009年に日本小児内分泌学会は総称を「性分化疾患」と統一。

性別違和

自身の身体的な性別と性自認に違和感を覚えること。
また、現在では「性同一性障がい」に代わる診断名にもなっている。

性別適合手術

性器を望みの性別に近づける手術。
以前は「性転換」と言われていたが、2002年日本精神神経学会が「性別適合手術」に統一した。
「オペ」「SRS」と言われることもある。

セクシュアリティ

人間の性のあり方全般を指す言葉。
文脈によって変わり、例えば性的指向(ゲイかレズビアンかバイセクシュアルか)を言う際に使ったり、性自認(トランスジェンダーがFtMかMtFか)などを言ったりする時にも使う。
単純にタチかネコかを訊く時に使われたりもする。

セクシュアル・バラエティ

性別は少数派/多数派・女/男にはっきり分かれるものではなく、それぞれ人の顔が違うようにバラエティに富んだものであり、すべての人が性の当事者であるという考え方。

セクシュアル・マイノリティ

性的少数者・性的少数派などと訳される。
LGBT(IQ)の人たちを総称して使うことが多い。
「セクマイ」と略されることもある。

セクシュアル・マジョリティ

性的多数者・性的多数派。
異性を愛する人や性別に違和感を抱かない人のことを指す。

た行

タチ

夜の営みで能動的な側。する側。
簡単にいえば、攻め。

DYKE(ダイク)

レズビアンに対して軽蔑的に使われていた。
しかし、それを逆手にとってレズビアン当時者がセクシャルマジョリティに対し抵抗の意味をこめてエンパワメントとして使われるようになった。

同性愛者

同性が好きな人。
男性同性愛者をゲイ、女性同性愛者をレズビアンという。
「ホモ」「レズ」「おかま」という言い方は差別的に使われる言葉。

ドラァグキング

女性が男性の姿で行うパフォーマンスの一種。
「男性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。

ドラァグクイーン

男性が女性の姿で行うパフォーマンスの一種。
男性の同性愛者が性的指向の違いを超えるための手段として、ドレスやハイヒールなどの派手な衣裳を身にまとい、厚化粧に大仰な態度をすることで、男性が理想像として求める「女性の性」を過剰に演出したことにあるといわれる。

トランスヴェスタイト

異性装者。
外見や服装、性表現を身体の性別とは別の性別に求める人たち。
クロスドレッサー(CD:cross dresser)とも言う。
最近はあまり使われない言葉。

トランスジェンダー

身体の性別とは異なる性別を生きる(生きたいと望む)人たちの総称。
性別越境者と訳される。
常時、異なる性別で生活する人もいるし、プライベートな時間や職業的な場面に限定して実践する人もいる。
また、身体と心の性別に違和感・不一致感をもつ人を総称する言葉として使われることも多い。

トランスセクシュアル

身体の性別に対する違和感・嫌悪感が強く、性別適合手術を望む人。

トランスフォビア

性同一性障害(GID)やトランスジェンダー(TG)に対する様々な嫌悪を意味する言葉。

な行

ニューハーフ

男性が女装して接客する職業の名前。
勤務してなくてもアイデンティティとして自称する場合もある。
性同一性障がいやトランスジェンダーとは限らず、手術の有無も関係ない。

ネコ

夜の営みで受動的な側。される側。
簡単にいえば、受け。

ノンケ

生物学的性と性自認が一致している異性愛者。セクシュアルマイノリティでない人たちの総称。バーなどで使用されることが多い。

ノンセクシュアル

非性愛者。
他者に対して恋愛感情は抱くが、性的欲求を抱かない人。
海外では「Aセクシュアル」に含まれる。

ノーマル

異性愛者と同義。異性が好きな人。「ノンケ」と言われることもある。

は行

バイセクシュアル

両性愛者。
男性・女性両方の性別を好きになる人。

パス

自分から言わなくても望む性別(性自認)で他人が見てくれること。
「パス度が高い」などの用いられ方をする。

バリタチ

バリバリのタチの略。夜の営みで能動的な側。する側。
簡単にいえば、攻めしかできない。

バリネコ

バリバリのネコの略。夜の営みで受動的な側。される側。
簡単にいえば、受けしかできない。

パンセクシュアル

全性愛者。
すべてのセクシュアリティの人を恋愛対象とする人。
バイセクシュアルが性別を女と男を基本にした見方であるのに比べ、こちらは性別は男女だけでなくいろいろな人がいることが前提。

ヘイトクライム

憎悪犯罪。
私怨ではなく、人種/民族/宗教/性別/性的指向などに係る特定の属性を有する個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる犯罪行為。
私怨ではなく、単にLGBTであることを理由に危害を加えられること。

ヘテロセクシュアル

異性を好きになる人。
「ノーマル」「ノンケ」と言われることもある。

フェム

フェムは英語では「Femme」と表記し、女性らしい恰好をしている(第三者から見て確実に女性に見える)レズビアンの事です。

ボイ

ボイとはボーイッシュの略語で、男性(男の子)っぽい恰好をする中性的なレズビアンの事を言います。

ホモフォビア

同性愛嫌悪。
同性愛者に対して、あるいは同性愛的な現象について忌み嫌い憎むこと。
偏見のままに拒絶、排除、否定すること。そのような価値観。

ポリアモリー

複数恋愛。
恋人が複数いてもいいという考え方やライフスタイル。
また恋愛関係にある相手がそれに合意している。
複数の婚姻関係の場合はポリガミーという。
「ポリー」と略する場合もある。

ポリガミー

一夫多妻制。
一妻多夫制はポリアンドリー(Poly andry)。

ま行

モノアモリー

ポリアモリーの対義語。
特定の一人とのみ恋愛・パートナー関係を結ぶ。

モノガミー

一夫一婦制。

ら行

リバ

リバーシブルの略で、タチにもネコにもなれる人のこと。
両方どっちでも可能という意味。

レズビアン

女性同性愛者。
女性として女性を好きになる人。
略語として「ビアン」があり、差別を含めない意味で使われる事が多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です