海外へ手術に行く際には海外保険要加入!どこの保険会社がいいの?

「海外に行くなら海外旅行保険に加入しなさい」

とよく聞きますが、なぜ海外旅行保険に入らなければいけないのでしょうか?

 

そもそも海外旅行保険って何なのでしょう?

 

 

海外旅行保険について詳しく調べてみました。

 

※タイでは交通事故なども多いので、頻繁に外出や観光をされる予定の方でクレジットカードがない方はタイに来る際は海外旅行保険をかけることをご検討下さい。観光せず治療に専念される方は旅行保険は不要ではないかと思います。

 

海外旅行保険とは?

海外旅行保険とは、海外流行中に起こった事故や病気、荷物の紛失に盗難といったトラブルに対して補償をしてもらえる保険。旅行に限らず、海外留学に対しても、同様である。詳細な適用範囲や保証金額は保険会社や保険の種類によって様々なので、渡航の目的に合わせた判断が必要。

コトバンクより引用

 

どの保険会社を利用すればいいの?

僕は当時どの保険に入ればいいのかわからなくて、航空会社に促されるままどこかわからない保険会社に加入しました。

 

幸い、海外旅行保険を使わないですんだ手術渡航でしたが、万が一病院にかかったり、ものを盗まれたりした時には絶対に海外旅行保険に加入しておいたほうがいいです!!

 

そして、インターネット専用の海外旅行保険がオススメです。地域細分型の保険料が導入されているため、 特にアジア圏であるタイへの旅行の場合は、通常の海外旅行保険と比較して保険料が最大約50%以上割引される保険会社もあります。

そして、自宅から空港までの間も補償されます。

 

とてつもない大きなお金を持って、人生最大の手術をするのですから、安くてきちんとした補償がある保険会社に加入できれば本望ですよね。

 

というわけで、僕がオススメするインターネットで契約するインターネット専用の海外旅行保険をご紹介します。

 

インターネット専用海外保険

1.海外旅行保険off!

【特徴1】出発当日のお申し込みもOK

「海外旅行保険加入するの忘れた!!!」

という時でも海外旅行保険off!なら支払いはクレジットカードで24時間いつでもお申し込みができます。

 

【特徴2】保険料割引例55%オフ!

無駄のない最小限の保険料を実現しています。

※航空機遅延費用は、出発の2日前までにお申込みいただくセットプランのご契約にかぎりセットできます。

 

【特徴3】ファミリープランやカップルプランあり

家族でお申し込み可能なプランです。一部の補償を家族で共有するため、それぞれ個人プランで加入するよりも保険料がおさえられています。お申し込みの際は、補償内容・保険金額をご確認ください。

一緒に着き添いでタイについてきてくれる時に役立つプランです。

 

2.ネット海外旅行保険「たびとも」

【特徴1】通話が簡単なサポートアプリがある

主な機能としては、

①サポートセンターへの電話番号の確認・発信(発信はオフラインではご利用いただけません)
②サポートサービスの内容確認
③困ったときの英会話(音声付き)
④保険金の必要書類の確認

が利用できます。

 

【特徴2】キャッシュレス医療

海外旅行中の病気やケガで外来診療を受けられる場合、キャッシュレス提携医療機関であれば、自己負担することなく治療が受けられます。キャッシュレス提携医療機関をご利用になる場合、まずは、エイチ・エス サポートセンターへ連絡する。

 

【特徴3】電話による医療通訳サービス

ケガや病気で医師の治療を受けられたとき、電話による医療通訳サービスを行います。

 

3.海外旅行保険「ネットde保険@とらべる」

【特徴1】スーツケース修理・お届けサービス

海外旅行中に保険事故で破損したスーツケースの修理代金を三井住友海上が保険金として修理業者へ直接お支払いするサービスです。お電話のみで「修理の手配からスーツケースの回収、修理、修理代金のお支払い、お届け」までの全てが完了します。

 

【特徴2】緊急医療アシスタントサービス

緊急の場合で、最寄の病院や日本語が通じる病院を知りたいとき、病院への移送が必要なとき、日本への移送が必要なときなどに、国際的アシスタンス会社が直接サポートしてくれます。

 

【特徴3】キャッシュレス・メディカルサービス

海外旅行中にケガや病気のため病院で治療を受けても、治療費を支払う必要はありません。三井住友海上が保険金として病院に治療費をお支払いするサービスです。

※病院によってはご利用いただけない場合がございます。
※緊急歯科治療の場合はご利用いただけません。

 

 

以上3つの海外旅行保険をご紹介しましたが、どの保険も保険内容は正直、似たり寄ったりです。なので、自分がピンとくるものだったりを選ぶといいと思います^^

 

クレジットカード付帯型海外保険

今持っているクレジットカードに海外旅行保険が付帯されている場合がありますので、そちらを利用する手もアリだと思います。

 

ですが、カードの種類によっては旅費やツアー代金、公共交通機関の料金をそのクレジットカードで支払った時しか補償されないケースもありますので、その点は注意が必要です。

 

出発前にクレジットカード会社の利用規約やコールセンターなどで問い合わせてみましょう。