LGBTのトイレ問題解決が逆効果に「差別助長」

The following two tabs change content below.
友寄佳人
沖縄生まれ沖縄育ち。戸籍変更済みFtMです。当メディア運営責任者。LGBTイベントを企画・運営。東京都墨田区でLGBTBAR多楽福-たらふく-を経営

 

LGBTトイレを見かけたことはありますか?

下の写真は渋谷のドン・キホーテのトイレで、同性愛や性同一性障害などの性的少数者(LGBT)用のトイレとして作られました。

 

 

LGBTというよりもGID当事者の方が主に利用できるように配置されたものですが、最近になって撤去の方向へ進んでいるようです。

 

困っているのは性別移行する方

男女分けられて設置されているトイレは、性別移行中の方からすればとても難しい状況です。

 

「男性ホルモンを打っていないから、見た目が女性だから女性用トイレを利用する」

「女性ホルモンを打っているけど、まだ下半身のオペが終わっていないから男性用トイレを利用する」

 

ということが多く見られます。

 

どのトイレを利用するべき?

上記のように、治療前や治療途中だったりする時はどちらのトイレに入るべきか本当に悩みます。

 

新設されたLGBTトイレを使用してしまうと、LGBT当事者とバレてしまいます。埋没して生きていきたいなんて思っている人からすれば、LGBTトイレはアウティングに近いものなのです。

 

ちなみに僕は専門学校時代に、全員の前でカミングアウトをして堂々と男子トイレを利用していましたが特に何も言われることはありませんでした。

 

僕は何も考えずにそうして理解してもらえましたが、性自認のトイレを利用する際には法律的な問題にならないように戸籍上の性別が変わってからの方が安心かもしれません。

 

Kanato的問題解決方法

GID当事者のトイレ問題は「男性トイレ」「女子トイレ」という個別をするから、どっちに入ればいいのだろうという問題が発生するのではないでしょうか?

 

なら、コンビニエンスストアなんかでよく見る、全てが個室になっている「男女共同トイレ」を浸透させた方が良いかと思います。

 

僕は元コンビニ店員ですが、やはり共同トイレというのは利用しやすかったです。

 

この記事が多くの人に読んでもらって、男女共同トイレが当たり前の世の中になりますようにシェアお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です